様々なサービスがあなたを助けます
様々なサービスがあなたを助けます

給与計算実務能力検定の意義を紹介

実務能力開発支援協会主催の給与計算実務能力検定の意義を紹介します。

これは、給与の計算業務を担当している部署のスタッフの知識やスキルの向上を社会的に評価するための検定試験であります。

会社には必ずそこで働く従業員がいますので、その従業員に対して労働の対価として給与が支払われます。

その際に正確に給与の計算をする必要があります。

万が一給与計算の過程でミスがあった場合には会社及び従業員に多大な迷惑をかけることになりかねませんので、正確にそして素早く給与の計算をすることが重要になってきます。

それには社会保険の仕組みや労働法令、さらには所得税や住民税等の税法等に関して幅広い知識を持つとともに、計算能力も必要になってきます。

従って、給与の計算に関する知識や計算能力を評価する上で給与計算実務能力検定は必要と言えます。